アフィリエイトで誤字は命取り!?今すぐできる3つの対策

ライティング

誤字は命取り!?今すぐできる3つの対策

アフィリエイターとして、さらに稼ぎたいと思っているあなた。

いまの自分の文章をよりブラッシュアップしていくには、どこを改善すればいいと思いますか?

記事の内容の濃さ? 魅力的な言い回し? 読みやすい構成?

もちろん、それも重要ですが、実は「誤字のチェックを徹底すること」これがとても重要なんです。

「そんなの当たり前!」
「学校のテストでもあるまいし、神経質すぎるんじゃないの」
「ちょっとの誤字くらい、人間味があっていいでしょ」

なんて思うかもしれませんが、稼げるアフィリエイターを目指そうとするのであれば、これは大きな間違いなんです。

そこで今回は、ちょっとした誤字一つがアフィリエイトに及ぼす影響と、投資系アフィリエイトでは特に意識したいタイプミスについてまとめました。

プロでもありがちな落とし穴を避けて、読者さんに信頼されるアフィリエイトブログ作りの参考にしてみてくださいね^^

ちょっとした誤字でも「にわか認定」の原因に!?

3つのコツを実践しているイメージ

そもそも読者さんにとって、あなたを含めたアフィリエイターさんというのは、言ってみればその道の専門家です。

だから豊富な知識を頼りにしてアフィリエイトブログを読んでくれたり、最新情報に興味を持って、ブログ記事の更新を楽しみにしてくれたりするわけですね。

ですが、ネットの世界は相手の顔が見えない以上、他人を信頼するための材料は限られてきます。

実際に、読者さんがあなたから受け取る情報というのも、文章や画像、動画など複数ありますが、一番多いのは「文章」といえるのではないでしょうか。

つまりあなたが読者さんから信頼されるかどうかは、あなたの発信する「文字」にかかっているんです!

仮に、あなたの本来の文章力や頭脳をよく知っている友人の前で誤字があったら、「たまたま"間違えた"だけなんだな」と思ってもらえるかもしれませんね。

しかし、これがアフィリエイターとして読者さんに送る文章で誤字があった場合はどうでしょうか。

それが単なるミスだったとしても、本来伝えたい内容と齟齬がうまれてしまったりしますよね。それだけならまだ良いのですが、もし「プロなのにこんなことも"知らない"のか」という印象を与えてしまった場合は、あなたが発信する情報そのものの説得力が激減してしまう のです。

いまこの記事を読んでいる方は、個人で運営しているアフィリエイターさんが多いと思いますが、個人の場合は文章の作成から校正まで全て自分自身でやっていく必要があります。

そうなると、他人のチェックが入らないわけですから、重要な誤字を見落としやすい、もしくは間違ったまま知識を覚えていて、そもそも間違い自体に気付かないということも多く、特に注意が必要なんですね。

まして、その誤字がアフィリエイトする商品ジャンルの専門用語に関わる単語だと、せっかくブログ記事に興味を持ってくれた人であっても「業界をよく知らない人の、にわか仕込みの情報」と判断されかねません。

結果として、読者さんは一気に離れていき、稼げるアフィリエイターからは遠ざかっていってしまうでしょう……。

それだけ、誤字というのは単なるミスでは終わらせてはいけないもの、ということなのです。

プロでも間違える、よくある誤字のパターン

3つのコツを実践しているイメージ

誤字はアフィリエイトにも重大な影響を及ぼすものだというお話をしましたが、だからといって、必要以上に怖がることはありません。

というのも、間違いやすい漢字というのは大抵、パターンが決まっているからです!

それをあらかじめ押さえて頭に入れておけば誤字は格段に減りますし、確認や校正も効率的に行うことができます。

プロのアフィリエイターさんやブログライターさんでも間違っていたり、もしくは正しい表現を理解していなかったりする人も多いものです。

逆にこれを知っておけば、あなたは他のアフィリエイターさんとも大きな差を付けられますし、知識のある人からは「この人は分かってるな」と思ってもらえて、さらにファンが増えるはずですよ^^

それでは、よくある誤字のパターンを紹介していきますね。

「充分」と「十分」

まずは、誰にもありがちな「充分」と「十分」の間違いです。
両方同じ読み方ですし、「不足がない」という意味は共通していますが、実は下のような違いがあります。

 「充分」・・・数値や量などに関係なく、主観的に満足である
 「十分」・・・数値や量などが、客観的に見て足りている

例文を作るとするならば、

「FXで100万円を稼いだ。独学でここまでの結果が出せれば自分は充分だ」

「FXで100万円を稼いだ。だが家を買う資金としてはまだまだ十分な額ではない」

という具合です。

同じ100万円だとしても、その金額に個人が主観的に満足していれば「充分」で、何か目的や用途に対する客観的な過不足に言及する場合は「十分」と、漢字の使い分けをする必要があるということですね。

もしかしたら、違いを知らずになんとなく使っていた、という人もいるかもしれません!

まさにそれが、個人や独学でアフィリエイトをしていくときに注意しなければいけない点というわけです。

「変える」「替える」「代える」「換える」

つぎは、「変える」「替える」「代える」「換える」の間違いです。

こちらも、どれも同じ読み方ですが、その「意味」には明らかな違いがあります。

 「変える」・・・元の状態から違う状態にする
 「代える」・・・元のものと同じ役割を他のものであてがう
 「換える」・・・元のものと近い価値を持つが、異なるものを交換する
 「替える」・・・元のものと同じカテゴリで、違うものに入れ替える

言葉で説明すると分かりにくいので、こちらも例文を挙げていきますね。

「トレードをする環境を変えた」
→ 元の状態やどこを変更したのかに関わらず、単純に環境を変化させたことを表す
 

「パソコンが壊れたので代わりにスマホで取引をした」
→「取引をする」という使い道は同じで、元の「パソコン」の代役として「スマホ」を使った。

 

「FXで得た利益を現金に換えた」
→口座上の数字を、同じ価値を持つ現金と交換した。

   

「取引する通貨ペアをドル円からポンド円に替える」
→「通貨ペア」という同じカテゴリで、「ドル円」という種類をやめて「ポンド円」という種類を選び取った。

いま初めてこれらの違いを知った、というあなたは、なんだかややこしいなあと感じるかもしれませんが、これも慣れていけば難しいことはありません。

自分が文章を書くときはもちろんのこと、読むときも意味の違いを意識していけば、誰でも自然と使い分けられるようになります。

なので、まずは「漢字によって意味が違う」ということを認識していきましょう^^

投資関連の用語で注意が必要なもの

最後に、投資に関連したよくある誤字を紹介しますね。

×「損少利大」 → 〇「損小利大」

同じ「しょう」という読み方ですが、「小」は大きさが小さいこと、「少」は量が少ないことを示します。

「損を少なくする」という表現でも意味としてはもちろん通じますが、これは「損は小さく、利益は大きく」という対比を表した言葉なので、「大」に対しては「小」を用いているというわけです。

×「中値」 → 〇「仲値」

仲値とは、金融機関が外国為替取引をする際に基準とするレートのことです。

例えば円をドルに換えたとき、ドルから円に換えたときには、そのレート差のちょうど"中間”が仲値になることから、「中値」としてしまう人もいるようです。

しかし、これは正しくは銀行が為替取引を"仲"介する際のレートなので、「仲値」という表記になるのが正解です。金融系のアフィリエイトブログではよく間違われている誤字なので、特に注意するようにしましょうね。

誤字を無くすための3つの対策

3つのコツを実践しているイメージ

ここまでは特に気を付けるべき誤字のパターンについて挙げてきましたが、ここからは、その誤字を無くしていくための対策を3つご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

文書作成ソフトの校正機能を使う

この方法は、誤字・脱字や、英単語のスペルミス、文法の間違いなどを見つけるために有効です。

ライティングの際に使っている人も多い文書作成ソフトの「word」には、「スペルチェックと文章校正」というものがあります。

作成のあとにこのボタンを押すだけで、文章をチェックし、なぜ間違っているのかというところまで一つずつ指摘してくれます。

ただ、先ほど挙げた文脈による漢字の使い分け、といったところまでは完璧に指摘してくれるわけではないので、あくまでチェックの第一段階、という使い方が適当でしょう。

音読する・読み上げツールを使う

この方法は、文章を修正している中で消し忘れてしまったところや、タイプミスなどの間違いを見つけるために有効です。

人間の脳は、多少の誤字・脱字があっても、脳内で情報を補完してスムーズに読み進められるという機能があります。そのため、視覚情報だけだと間違いに気付きにくいんですね。

そこで目で見るだけでは見落としがちな誤りも「音」で聞くことで案外簡単に気付くということが多々あるんです。

また、文章のリズムなども捉えられるので、読者さんにとってより読みやすい文章になっていくというメリットもありますよ。

おすすめの読み上げツールはこちらです。ブラウザだけで完結するので非常に便利ですし、操作も簡単です。読み上げてほしいテキストをコピペして、再生ボタンを押すだけ!

これだけで無料で読み上げをしてくれるので、ぜひ活用してみてくださいね。

辞書登録をする

この方法は、専門用語に関する間違いをなくすために有効です。

意外と活用していない方もいるかもしれないので念のためお伝えすると、辞書登録とは、元々の変換候補にはない任意の単語を新たに加えたりして、パソコンやスマホの中の「辞書」を自分流にカスタマイズすることです。
(例:「そん」と打ったときに「損小利大」と変換候補に表示するように設定する、など)

専門用語などは変換の候補に挙がらないものも多く、校正機能などでも間違いを指摘してくれない場合がほとんどです。

特に、初めて知るジャンルなどで自分もあまり馴染みがないと、いちいち確認しなければならず、とても非効率になってしまいます。

あらかじめ正しい漢字で単語を登録しておけば、いちいち単語ごとに区切って変換したり確認したりする手間も省けますよね^^

辞書登録を活用することは、誤字を無くすことだけではなく作業効率化にも役立つということですね。

もしもこれまで、辞書登録を全然活用していなかった!という方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。辞書登録の仕方まで解説していますので、初めてでも特に引っかかることなく、スムーズに辞書登録ができるはずですよ^^

誤字を徹底的に無くして、さらに稼げるアフィリエイターへ!

3つのコツを実践しているイメージ

アフィリエイトにも慣れて実際に報酬を得るようになると、内容のブラッシュアップにばかり気を取られて、誤字などの基本的なチェックがおろそかになってくるものです。

また、初心者の方でも基礎よりもまずテクニックを身に付けようとする方が多いんですよね。

しかし、誤字などの基本的なチェックを徹底することで、あなたが届ける情報は説得力を増し、読者さんに隅々まで読んでもらえるようになるんです。

かなり細かいことのように感じるかもしれませんが、細かいところにこそ気を配ることで、読者さんからの信頼は勝ち取れますし、それにより稼げるアフィリエイターへぐっと近づきます。

ぜひこの記事を参考に、ご自身の文章に磨きをかけていってくださいね。