XMLサイトマップでサイトの更新をGoogleにすぐに伝える方法

SEO対策

・新しい記事を更新しても結局順位が変わらない
・前回のfetch as googleの記事を参考に対応したけどまだ変動がない

そんな方には絶対に読んでほしい、更新情報をすぐにGoogleに伝える方法の第2弾をお伝えしていきます。せっかく良いコンテンツを用意しても、見てくれる人がいなければ本末転倒です。そしてそれを解決するのが、タイトルにも書いたXMLサイトマップです。

特に公開したばかりで被リンクがないサイトや、ページ数が多いサイトには効果的な手段なので、こちらもブログでアフィリエイトをする方には絶対に必要な作業となります。しかも実は超簡単に設定する方法があるので今回の記事を参考に実践してみてくださいね。

1.XMLサイトマップとは

【グーグルの定義】
サイトマップとは、サイトのウェブページのリストを指定して、Googleや他の検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるファイルです。Googleなどの検索エンジンは、このファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。

と記載がありましたが、簡単にいえば「Googleのためにサイトの地図を用意する」というイメージです。そもそもGoogleの検索結果にあなたのサイトを登録、反映してもらうには、クローラーがあなたのサイトを読み取り、それを評価してもらう必要があります。ここでクローラーが読みやすいサイトの地図を用意することで、効率的に情報を伝えることができるようになるので、このXMLサイトマップが必要になってくるんですね。

2.具体的なメリット

XMLサイトマップは、Googleとサイトの管理者にそれぞれにメリットが存在します。

Google側
XMLサイトマップがあることで正確なサイト情報を収集することができ、精度の高い検索結果を表示させることができるようになります。Googleは、自分たちも高いパフォーマンスを発揮しやすくなるという理由から、運営者側にXMLサイトマップの設置を推奨しています。

サイト運営者側
こちらからGoogleにサイトの情報を正確に送信することで、ページをインデックスしてくれる可能性が高まります。しかもこれまでクローラーを待っていた時間や、未評価のコンテンツを早く評価してもらえる可能性も抜群に上がります

なので自分がコンテンツを作成したり、サイトの修正があったときには、しっかりとXMLサイトマップを作成し、Googleに送信することで、いち早く更新情報を確認してもらうことが可能になります。

3.実は作成は超カンタン!

XML?サイトマップ?となっている方も多くいるかと思いますが、実はこれ、ツールを使えば一瞬で作成することができるんです。

そのツールこそが、
「sitemap.xml Editor」
 
「sitemap.xml

 
ユーザー登録もダウンロードも不要で、もちろん無料で使うことができる「XMLサイトマップ自動生成ツール」です。サイトにアクセスしてURLを入力し、除外するページや、どこが重要なページなのかを設定すればすぐに作成ができます。

作成が終わるとダウンロードができるので、該当サイトのindexファイルがある階層にアップロードをすればそれで作業は完了になります。

4.忘れずにGoogleに申請をしよう

そして忘れてはいけないのがGoogleへ確認してもらう作業ですが、もちろんこれも超簡単です。以前紹介したサーチコンソールから申請をすればすぐに結果がわかりますので、ぜひ実践してくださいね。
※まだサーチコンソールの登録が済んでいない人はこちらの登録方法を参照して、登録してくださいね

まずは自分のサイトのプロパティをクリックしてトップページに進み、右側の「サイトマップ」をクリックします。
 
「サイトマップ」をクリック
 
  
この段階では、「このサイトのサイトマップが見つかりませんでした。」と表示されますが問題はありません。このページの右上部にある赤背景の「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。
 
「サイトマップの追加/テスト」をクリック
 
  
すると、場所を指定するフォームが表示されますのでそこに「sitemap.xml」と入力して、テストをクリックします。
※初めて作成した時には、アップロードした箇所の間違いなどの可能性もあるので、かならず「テスト」をクリックしてください!
 

まとめ

Googleのクローラーの精度も、ほとんど人の目と同じくらい高くなってはいますが、やはり隅々までしっかりと見てもらうのは難しいことがあります。そこで今回の様にXMLサイトマップや以前の記事のfetch as googleなどサーチコンソール上でできることを駆使して、Googleから適切に評価される仕組みを整えてくださいね!