必ず意識しておきたい「ペルソナ」の想定

アフィリエイト

あなたは記事を作成する際に、誰に情報を提供するかをどれくらい意識していますか?

今、ネット上に情報は何百万何千万と溢れております。「FX 勝ち方」と調べるだけでも130万件以上ヒットしますし、こうした大量の情報の中から、自分の記事を見てもらうことは難しいのでは……と、そう不安に思ってしまうこともありますよね。

こうした不安を解消して成約率を向上させ、アフィリエイトで高収入を実現していくためには、誰に情報を提供するか、つまり「ペルソナ」を設定することがとっても重要になってくるんです。

なぜなら、市場のニーズは突き詰めるとかなり細かく分かれていて、ペルソナを明確にしておくことで、その細かなニーズを獲得をすることが可能になるからです!
そこで本日は、あなたがアフィリエイトで高収入を実現していくためのペルソナについてご紹介させていただきたいと思います。

ペルソナとは

あなたが誰に向けて記事を書くか、その「誰」を一個人レベルまで細かく設定して作り上げた、架空の人物像のことを、「ペルソナ」といいます。

記事を書く時はテーマや構成など、いろいろと考えることは多いと思いますが、出来る限り、最初の段階でこのペルソナを明確化しておきましょう。そうすることで、読者さんにグサッ!と突き刺さる文章が書きやすくなるんです。

逆に、ペルソナを明確にしておかないと、誰に向けて書いているのかわからない、どっちつかずな記事になってしまう可能性が高くなってしまいます。

例えば、【投資でお金を稼いで生活に余裕を持ちたい人】を想定すると

「貯金はしたいけど、自由にお金を使いたい人
「いろいろな投資があるけど、何が一番楽に稼げるのかわからない人
「損を出したくない、安全に稼げる方法が良い人
投資の勉強はしたくない、簡単にすぐにできる方法が知りたい人」
といったように、より具体的な人物を想像することが出来ます。これを繰り返してペルソナの人物像を細かく決めていくことで、ペルソナのニーズに沿った記事を作成することができるようになります。

すると、このペルソナと同じニーズを持った読者さんに対して
「こういうのを求めていたんだ!」
「この情報が知りたかった」
と、ビシッ!と響く確率がとても高くなり、強い印象を与えることができるんですね。そのため、ペルソナが「この記事は読みたい!!」と思うような記事作成を意識していきましょう!

ペルソナを設定しよう

では、先程の「損を出したくない、安全に稼げる方法が良い人」を例に、このペルソナがどんな人かを、個人レベルまで細かく設定してみます。

名前   吉倉 和信(よしくら かずのぶ)
性別   男性
年齢   35歳
年収   350万円
職業   広告代理店勤務
家族   妻と息子
家賃   13万円
貯蓄   300万円
趣味   旅行
備考   息子が来年小学校に入学
     
投資目的 
・息子の学費を払っても余裕があるくらいのお金が欲しい
・稼いで旅行にもっと行きたい
・マイホームが欲しい

このように細かく設定すると、このペルソナである吉倉さんが抱えている悩みが見えてきます。この場合だと
「家庭もあるし、損を出して家族に迷惑をかけるようなことはしたくない。しかし、今後の学費のことなどを考えると、自由に使えるお金が圧倒的に少なくなる」
という悩みや不満があると考えられますよね。
この悩みや不満を解決するための記事を、ペルソナである吉倉さんに「これだ!!」と、思ってもらえるように作成することで、このペルソナと同じ悩みを持つ読者さんの反応率を非常に高くすることができるんですね。

例えば、

教材A 「リスクは高いが、資産をいっきに10倍になる投資方法」
教材B 「リスクを抑えて、資産を毎年コツコツと2倍にする投資方法」

ですと、教材Bの方がペルソナの悩みを解決することができそうですよね。それはつまり、教材Bはペルソナと同じ境遇の読者さんの心に、より強く響く可能性が高い教材ということでもあるんです。

成約へと結びつけるために

ペルソナを想定し、なぜその商品(上記の例だと教材)がペルソナの悩みを解決できるのか、その理由を具体的に記事で示してあげることで、成約へと結びつきやすい記事にすることができます。

先ほどの例の場合、なぜ教材Bがペルソナの「損を出したくない」という悩みを解決し、「自由に使えるお金が少なくなる」という不満を解消してあげるのか、その理由を考えていきます。

例えば、B教材なら徹底的な資金管理を学べて、この教材から学んだ人は数年で資産を2倍、3倍にしている、といった風にB教材の強みをアピールしていく感じですね。

また、ペルソナの「旅行に行きたい」「マイホームが欲しい」といった願望に対して、B教材で安定的に稼いで、自由に旅行へ行けるようになった人や、マイホームを一括購入した人の体験談などが紹介できれば、さらに魅力的な記事にすることができるんです^^

まとめ

本日はペルソナについてお伝えしてきました。記事を作成する時は、万人受けを狙うのではなく、ペルソナに対して「そんな悩みを抱えているあなたにこそ、知ってほしい情報があるんだよ」という気持ちで作成をすると、成約へと結びつきやすい記事を作成することができるでしょう。

ぜひ、「具体的すぎるかな?」と思うぐらい細かくペルソナを設定してみてください。そうすることで、そのペルソナと同じ悩みや不満を抱えた人がアクセスしたときに、報酬を獲得できる可能性が格段に高まるはずです!
それでは、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。