ライティングの精度を高める便利ツール5選

ライティング

ライティングってとても時間がかかりますよね。文章を書くという作業はもちろん、構成を考えたり、内容をリサーチして考えたり、使用する画像を探したりと、一つの記事を作成するだけでも、かなりの労力が必要になってきます。

そこで、本日はそんな大変なライティング作業を一気に効率化させる、

「ライティングのサポートツール」

をご紹介していきます!
あなたの文章を評価してくれたり、SEO対策に役立つものもあるので、文章の質を高めるキッカケとなるかもしれません^^

今日はこんなお話をします↓

◇5つのライティングサポートツール
◇本日のまとめ

5つのライティングサポートツール

ライティングサポートツールをご紹介!

日本語校正サポート

 
こちらの「日本語校正サポート」では、登録不要で入力した文字を1万文字まで校正してくれます。文字数もカウントしてくれるため、書いた文章をコピペするだけで文字数カウントと、文章校正の両方が一度にできてしまう、まさに一石二鳥なツールなんです^^しかも、設定から「ら抜き言葉はチェックしない」といった、細かい設定もできるので、ライティングの際にぜひ活用してみてくださいね。

小説形態素解析CGI(β)

 
小説形態素解析CGI(β)」はフォームに入力した文章を解析し、評価判定してくれるツールです。本来は小説家向けのツールではありますが、ひらがなとカタカナ、漢字の割合を算出してくれたり、文章の平均的な長さを算出してくれるため、普段のライティングにおいても十分活用することができるんです。また、最後に「1つの文章が長いものの、こまめな読点でテンポを保っています。」といった評価もしてくれるので、読み返しても気付けなかった、文法的な改善箇所も発見できるかもしれません。

キーワード出現頻度解析ツール

 
キーワード出現頻度解析ツール」はフォームにURLを入力すると、キーワードの出現頻度を分析し、ワードごとに使用回数と割合を表示してくれます。こちらのツールを活用することで、あなたが狙っていくキーワードが、他のキーワードに埋もれてしまっていないかチェックすることができます。以前に「ブルーオーシャンを意識したキーワード選定」についての記事で取り上げた「goodkeyword」や「allintitle」と合わせて活用することで、より効率的にSEO対策ができるかと思います。

weblio類語辞典

 
weblio類語辞典」はすでにご存じかもしれませんが、入力したワードの類義語を表示してくれます。ライティングをしていると、無意識に同じ言い回しが続いてしまったりすることがありますが、そうした時にこの「weblio類語辞典」を活用することで、似た意味を持つワードを素早く探し当てることができるんです。例えば「オススメ」と検索しただけでも、「レコメンド、お得、買わなきゃ損、etc…」といった、オススメと同じ意味を持つワードをたくさん表示してくれます^^

日本語表現インフォ

 
最後にちょっと、変わり種のツールをご紹介します。
この「日本語表現インフォ」では、たくさんの表現や言い回しが、大ジャンルと小ジャンルに分けて掲載されています。検索フォームにワードを入力して検索すると、そのワードに関連したカテゴリを表示してくれるので、そのカテゴリを選択することで、様々な表現の仕方を探すことができるんです^^

試しに「書く」と入力し「文字を書く・執筆する」といった小カテゴリを選択してみると、「カリカリとペンを走らせる」「レポート用紙に言葉を並べていく。」といった表現がたくさん表示されました。小説的な表現ではありますが、同じような文章が続いてしまったときに、あなたなりに言い換えた表現をスパイスとしてくわえてみると、文章に変化ができて、読者さんにも飽きられない記事を作成できるでしょう。

まとめ

本日は5つのライティングツールをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

キーワード出現頻度解析ツール」を活用することで、アクセスアップに効果的なキーワードを選定することが可能になりますし、「日本語校正サポート」や「小説形態素解析CGI(β)」は、あなたの文章の質に更に磨きをかけてくれるでしょうし、「weblio類語辞典」、「日本語表現インフォ」はあなたの文章表現の幅を、より大きく広げてくれるはずです^^

ぜひ、ご紹介したツールを活用して、クオリティの高い記事を効率的に書き上げていきましょう!
ライティングのスキルを高めて、ぜひ報酬アップを狙ってみてくださいね。

それでは、最後までご覧いただき、ありがとうございました。