情報がたった5秒でインプットされる、ライティングの秘密?!

2019.03.14ライティング

ライティングをしている以上、読みやすさや構成を意識して
読者さんに「文章を読んでもらう」ことを大切にされていると思います。
 
それはライティングをする上で、とても重要な心構えですし
あなたが「何かを伝える」という立場である以上、絶対に欠かせないことですよね。

しかし、実は文章を読んでもらえるように書くだけでなく
読者さんが「知りたい情報を5秒でインプットできるように書く」ことも、
とても重要なのはご存知でしょうか?

そこで本日は、あなたの文章をより読み込んでもらうために
 
  
「知りたい情報が5秒でインプットされるように書く文章」
 
  
についてお伝えしていきます!

読み込んでもらえるように書きつつ、
情報を5秒で頭の中にインプットしてもらえるよう、さらに工夫する。

あなたが特に伝えたい大切な情報を、短時間のうちに読者さんに印象づけるだけで、
成約率にも大きく影響してくるんです^^

たった5秒で目に入る文章を書く

あなたがブログやメルマガなどで書いた文章は、検索から辿り着いた
あなたを知らない層の人たちも含まれていますよね。

その検索から辿り着いた方々が求めているものとは、何だと思いますか?

検索しているということは、何かの情報とその答えを求めているということなので、
あなたの記事にはその「答え」を求めているんです。

つまり、その答えを求めている人たちは「文章の読みやすさ」よりも
その中にある「情報」を重視していると言えるんですね。

検索から流入してくる層は、じっくり読んで納得したいというよりも
流し読みでサクッと自分の欲しい情報を見つけられるかを気にしているので、

要点を目立たせて書いてあげることがキーポイントになるでしょう。

要点をしっかりまとめて書く、とも言えますね^^

読者さんを理解して書く

要点をまとめて書くうえで、大切なポイントは要点の選び方です。
ここで読者さんの気持ちを考えることが大切になってくるんですね。

たとえば「本当に宇宙人は存在するか?」というタイトルの記事があったとします。
この記事に情報を求めてくる人は、どんな気持ちでこのページに訪れて
そしてどんな答えが欲しい人だと思いますか?

簡単に例を挙げてみると、こんな感じになると思います↓

・宇宙人が存在するなら見てみたい → 宇宙人の写真、標本、記録や証拠
・宇宙人が存在するわけないだろう → 宇宙人の存在を否定する科学的な根拠
・オカルト記事だ!面白そう!   → 嘘か本当かわからない曖昧な情報

「宇宙人は存在するか?」といった記事で書かれている内容は
宇宙人が本当に存在するかどうかといった、一つの情報についてです。

しかし、その一つの情報に対して求められる答えは、読み手よってガラリと変わるんです。
そのため、要点をピックアップする時は、あなたが誰に対してどの情報を伝えるかを
しっかりと考えたうえでまとめてあげる必要があるんですね。

上記の例でいうと、宇宙人を見てみたい人に対しては、
記事の中で宇宙人の存在を示す写真や証拠を記載していることを
冒頭で箇条書きにして伝えてあげることで、離脱されることなく
すんなり読み進めてもらうことができるでしょう。

そのためには、どんな人が、どんな答えを求めているかを考える必要があり、
そこで重要になってくるのが、ターゲティングなんです。

ターゲッティングについては、過去の記事でご紹介しておりますので
ぜひ、こちらも参考にしてみてください。

▼この“名言”で効率よく報酬獲得!?
http://cross-af.com/cross/753

一瞬で記憶に残る、読みやすい文章

あなたの文章を楽しみにしている読者さんや、しっかり読み込んでくれる読者さんには
文章構成や表現を意識して、読みやすい文章を書いてあげることが大切です。

そして流し読みをする人のことも考え、要点を目立つようにまとめることで
より多くの読者さんにアプローチをすることができるようになるんですね。

瞬時に情報が頭の中に残るように、読みやすい文章を書くポイントとしては
先に要点をピックアップして、そこを補足する形で文章を構成してくと
比較的、内容もまとまりやすいかもしれません^^

要点をピックアップする時のポイントは、ターゲッティングはもちろんですが
その要点だけを読んで、そのターゲットが欲しい答えを得られるかも考えてみてください。

そうすることで、じっくり読んでも、流し見で読んでも
あなたの伝えたいことがしっかりと伝わる文章にすることができるはずです。
ぜひ、文章構成を考える際に、
パッと目に入りやすい情報の位置も意識してみてくださいね^^

それでは本日も、最後までご覧いただきありがとうございました。