SEO効果を高める「検索クエリ」とは?キーワードとの違いと3つの種類も紹介

SEO対策

“コンテンツSEO"に取り組んでいる方が、必ず意識するポイントに「検索クエリ」というものがあります。

検索クエリとは、"ユーザーがGoogleなどの検索窓に入力したフレーズ“を指すもので、検索意図とも呼ばれています。つまり、「今すぐこの情報を知りたい!」「これを買いたい!」という、ユーザーのニーズを直接的に反映しているフレーズなので、マーケティングやセールスにおいても非常に重要度の高い情報なんですね。

もちろん、SEOの視点から見てみても、検索クエリは最重要ポイントです。Googleが公式に発表しているように、検索エンジンで上位表示されるための基準として"多くのユーザーに求められている情報"という前提があるので、ユーザーのニーズが集約された検索クエリに的確に対応できるコンテンツこそが、「SEOで最も強い」というわけなんです。

「しっかりキーワード選定もしているし、SEO対策はばっちりだ!」
という風に安心している方こそ、実は検索クエリを反映できていない(ユーザーのニーズを無視した)コンテンツを作成しがちです・・・。

今回は、検索クエリを正確に把握して、そこから最適なキーワードを導き出す方法について解説していきます!

検索クエリとキーワードとの違い

まずは、検索クエリとキーワードの違いを明確に認識しておきましょう。

検索クエリ
ユーザーが検索する際に、検索窓に入力したワード、フレーズ
→ユーザーのニーズ(欲求)に由来するもの

キーワード
広告主やサイト運営者など、発信者サイドが強調したいワード、フレーズ
→ユーザーに示したいメッセージや、紹介したい商品・教材などに由来するもの

キーワードとは、ずばり、”コンテンツの軸となるワード”です。SEO的な視点で言い換えると、”検索エンジンで上位表示したいフレーズ”とも言えます。一方で検索クエリとは、先ほども簡単にお伝えしたように、ユーザーが実際に検索窓に入力したフレーズ。つまり、ユーザー側の欲求や意図が反映されたフレーズです。

したがって、ユーザーのニーズ由来である、検索クエリを基にしたキーワード選定を行うことが、ネットビジネスでの成功までの最短ルートと言っても過言ではありません。それでは、どのように検索クエリを探せばいいのか。その方法については次の章でお伝えします。

検索クエリのリサーチ方法

まずは、どうやって検索クエリを見つけ出すのか?ここでは、あなたの作るコンテンツを上位表示するための検索クエリの見つけ方を解説していきます。

検索クエリのより確実なリサーチ方法としては、Googleサーチコンソールの機能の1つである、検索アナリティクスを利用することをおすすめします。検索アナリティクス内のクエリという欄に羅列されているフレーズが”検索クエリ”そのもので、各クエリのクリック数や表示回数、CTR(クリック率)などの詳細情報も一覧で確認できます。

「まだサイトに訪問してきていないクエリをリサーチしたい」という場合には、私が実践している方法として、以下を推奨します。

・関連キーワード、サジェストをチェックする
・狙っているキーワードで上位表示されているサイトを参照する
・共起語や類義語をチェックする

検索クエリの3つの種類

検索クエリを基に分析しているイメージ

検索クエリとは、ユーザーの検索意図が詰まっているフレーズなので、そこから得られる情報量も膨大です。そこで、ユーザーがどのような意図を持って検索したのか、その方向性を見定めるために活用できる、3つの分類方法をご紹介します。

トランザクショナルクエリ

トランザクション(取引)を目的としたクエリです。何らかの取引をしたい、と考えるユーザーが、取引場所を探すために入力したフレーズとなります。

例えば、「FX おすすめ 証券会社」、「FX 口座開設 国内」などのように、明確な目的(ここでは、FX用の口座開設をすること)が前提となっているクエリということです。

ナビゲーショナルクエリ

“ナビゲーション”の名のとおり、目的とするサイトまで移動するためのクエリです。多くの場合、サイト名やアプリ名などの固有名詞が該当します。

「FX 〇〇(証券会社名)」などのような、目的地となるサイトがある前提となります。ただ、トランザクショナルクエリや、後述するインフォメーショナルクエリよりも限定的かつ検索割合も低いため、コンテンツSEOではあまり重要視されません。

インフォメーショナルクエリ

インフォメーション(情報)を手にするためのクエリです。例えば、「FX 稼ぐ 方法」「FXトレード 種類」といったような、”ユーザーのニーズに応えるための情報”に直結するクエリと言えます。

インフォメーショナルクエリは商品の購買に直結することは少ないものの、あなたのコンテンツに触れる発端となります。コンテンツSEOでは特に重要視されるクエリであり、私たちが最も力を入れて対処していくべきものです。

検索クエリを把握した上で、キーワードの設定を

キーワードは、検索クエリ(検索意図)が前提にあるべきものです。しかし、コンテンツ提供者ベースで考えられることがほとんどのため、場合によっては、ユーザーの検索意図からかけ離れた、独りよがりのコンテンツになってしまいがちです。

検索クエリを反映したキーワードを選定するためには、上記でご説明したとおり、

1.検索クエリをリサーチする
2.検索クエリがどのような意図を持つものか、3つの分類に当てはめる
3.検索意図を深く読み取る

というステップを踏んでいく必要があります。

検索クエリの裏側を読み取り、ユーザーのニーズを深く認識することで、自ずと求められているキーワードが導き出されるはずです。

例えば、「FX 稼ぎ方」という検索クエリに対しては、FXで稼ぐための手法(スキャルピングやデイトレ、スイングなど)やその準備(証券会社の紹介や、MT4の設定方法、資金量など)についての情報が必要不可欠ですよね。ですので、それに応じたキーワードを設定したコンテンツを提供していくことで、上位表示される可能性は飛躍的に高くなるでしょう。

コンテンツを作成する上で、キーワード選定が重要なのはもちろんですが、そのキーワードが検索クエリに基づいているものなのか、それを今一度考えてみてくださいね!

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。