ディスクリプションでアフィリエイト報酬が2倍に!?その方法を徹底解説!

2019.04.05

ディスクリプションという単語をご存知ですか?
ブログでアフィリエイトをしている方なら一度は耳にしたことがあるでしょう。

実はこれを上手く活用できれば、あなたのサイトの閲覧数が2倍にも3倍にも増え、それに比例して成約も数倍アップする可能性が高いんです!

この記事ではそんな隠れた成約アップのテクニックであるディスクリプションのSEOへの影響、最適化の方法を徹底解説していきます。

ディスクリプションとは

ディスクリプション(description)は、GoogleやYahoo!などの検索結果の一覧でページの概要を表すテキストのことです。

正確にはメタディスクリプション(meta description)と呼ばれ、ページの情報を検索エンジンに伝える、「metaタグ」の一種です。

検索エンジンのタイトルの、すぐ下に表示されている赤枠の部分がディスクリプションに該当します。

SEO対策について検索し、表示されたディスクリプション部分

※出典:Google検索より
https://www.google.com/

検索したユーザーに、サイトを訪れることなくどんなページなのかを簡潔に伝える役割があります。

このディスクリプションを読みながら、自分が求めている情報を得られるかどうかを判断しているユーザーがほとんどであるため、ユーザーに伝わるディスクリプションを作成できれば、あなたの紹介記事への流入が、検索から増えることにつながります。

SEOへの影響

冒頭でもディスクリプションはmetaタグの一種とお伝えしましたが、ページのタイトルなど他のmetaタグと同じようにSEOに影響するのでしょうか?

結論を言うと、SEOには影響しないと考えられています。

しかしGoogleは、SEOには影響しないと、はっきりとは明言していません。
適切なディスクリプションの作成を推奨しているので、質の高いテキスト作成を心掛けましょう。

また、検索したユーザーは、まず検索結果の一覧に表示されるタイトルとディスクリプションを見て訪問するサイトを決定するため、検索からの流入に大きく影響することは事実です。

このことを考えても、ディスクリプションを最適化することは間接的なSEO対策になると言えるでしょう。

最適化の方法

それでは、ディスクリプションを最適化する具体的な手順を解説します。

検索キーワードを入れる

あなたが狙っているキーワードをディスクリプション内に記述しましょう。

検索したキーワードがディスクリプション内に含まれている場合、一致したキーワードは太字になるためユーザーに関係のあるサイトであることをアピールできます。

また、キーワードをなるべく前の方へ入れることで、ユーザーに読まれる確率は上がる傾向にあります。

しかし、あからさまにキーワードを入れることは厳禁です。

あくまで自然な文章で、2〜4回程度をディスクリプションに含めましょう。

FXについて検索し、ディスクリプションにキーワードが2回含まれていることを確認

※出典:Google検索より
https://www.google.com/

実際にGoogleで「FX」と検索してみた検索結果の一覧を見ても、1位にあるサイトでは「FX」というキーワードを2回入れていて、太字になっているのがわかりますね。

文字数は50文字+70文字を意識する

ディスクリプションは検索する媒体によって、表示される文字数の制限が変わります。
制限以上の文字数で設定した場合は、「…」で省略されてしまいます。

ディスクリプションの文字数が制限以上の場合、省略されている

※出典:Google検索より
https://www.google.com/

PCの場合は120文字、スマホの場合は50文字まで表示されます。

そのためディスクリプションを作成する際は、前半部分を50文字、後半部分を70文字の構成にすることでスマホ・PCの両方に対応した文章にすることができます。

前半にも後半にもキーワードが含まれていると、さらにGoodです。

魅力的な文章にする

ディスクリプションを作成する上でキーワードや文字数を意識することも非常に大切ですが、結局は、検索ユーザーに「このサイトは、自分が欲しい情報が手に入りそう!」と思ってもらえるかどうかが全てです。

ただサイトを紹介するだけの無機質な文章ではなく、ユーザーが開きたくなるような気を引く文章を心がけましょう。

ちょっとした努力で、あなたの報酬は大きく変わりますよ。

まとめ

いかがでしたか?

ディスクリプションは検索したユーザーが閲覧するサイトを選ぶときに、タイトルの次に見る箇所なので、閲覧数に関わる重要な役割を担っています。

Googleも、このディスクリプションは固有かつ魅力的な文章であることを推奨しているので、SEOに直接影響しないからといって、決して適当に扱っていけません。

ディスクリプションの最適化を必ず実施して、検索からユーザーの流入を増やし、報酬をさらに上げましょう!

さらに、ディスクリプション以外にも重要な「SEOのチェック項目」については、こちらから合わせてご覧いただき、検索からの流入対策を万全にしてみてくださいね^^
参考:コンテンツの公開前に確認必須のSEOチェック項目