マーケティング・チャンネル

投資顧問会社による投資系アフィリエイト専門情報サイト

サクッと1分で「読まれる文章」に!3つのリライトテクニックを紹介します

この記事は5分ほどで読めます。

アフィリエイト

2018/11/16

From: 井手

内容はほとんど同じでも、なぜ、読まれる文章と読まれない文章があるのか。不思議に感じるときはありませんか?

たとえばネットで調べ物をする時に、興味を惹かれて読み進めてしまう記事と、すぐにページを閉じてしまう記事、どちらも経験したことがあるはずです。

でも、よくよく読んで見ると、書いてある内容はほとんど同じだったりするんですよね。

せっかくブログやメルマガを使ってアフィリエイトするのであれば、「読まれる文章」にしたいですよね。

そこで今回は、たった1分でできる「読まれる文章」へのリライトテクニックを3つ、ご紹介したいと思います。

すでに公開しているブログ記事やメルマガ文章に、ちょっとした一手間を加えてリライトするだけでOK。それだけで、読者さんから共感され、あなたの強烈なファンを生み出すことも目指せる、メリットだらけの方法です^^

それではさっそく「読まれる文章」を作る、3つのリライトテクニックをご紹介していきます!

3つのリライトテクニック

心の声を代弁する

まずは、読者さんの共感を得るためのリライトテクニックです。と言っても、テクニックという程のものではなく超シンプルで、読者さんの心の声を代弁してあげるだけです。

コツとしては、「」(カギカッコ)を使うこと。読者さんの頭の中の思考をイメージして、セリフとして文章中に盛り込んでみましょう。

原文
FXで稼ぐ方法を知りたい人はこの記事を読んでください。

リライト
「FXで稼ぎたいけど、何をすればいいのかわからない・・・」
「どうせ、FXでは稼げないんでしょ」

そう考えているあなたでも、大丈夫です。
この記事で、あなたの悩みを解決する方法をお伝えします。

という感じです。これだけでも、読者さんはあなたの記事を自分事として捉えて、興味を持ってくれるようになります。

最初に興味さえ引ければ、その後も読まれる可能性が高くなります!ぜひ、心の声を代弁することを意識して、「」(カギカッコ)を積極的に文章中に使ってみてください^^

文章に「かたまり」と「区切り」を作る

文章の「かたまり(改行)」「区切り(句読点)」も、「読まれる文章」にリライトするために重要です。

かたまりと区切りで文章にメリハリをつけることで、文章全体にリズムが生まれ、スラスラと負担なく読める文章になります。

当たり前の話なんですが、人は読みづらい文章を避け、読みやすい文章を読む傾向があります。ライティングで読者の行動を操る「3つのNot」でもご説明した通り、「読むのに時間がかかりそうだな・・・」「読むの面倒くさいな・・・」と、少しでも思われた時点で、もうその記事は読まれません。

人は脳を使わずに読める文章を好むので、視覚的にパッと全体が見やすいように、文章のかたまりや区切りを作ってあげればいいんですね。

ちょっと分かりづらいと思いますので、具体的な例をあげてみますね。

原文
FXの代表的なトレードスタイルとしてスキャルピングという手法があります。その特徴は取引時間が超短期であること。エントリーから利益確定までの時間は早ければ数秒、長くても数分~数十分で完結します。スキャルピングのメリットはなんといってもサクッと短時間でトレードできることです。どれだけ忙しい人でも数分程度の時間を確保できればトレードできますし、ポジションを保有している時間も短いので、ストレスも最小限に留めることができます。
実際にこのスキャルピングというスタイルを取り入れて、サラリーマンから専業トレーダーに転身できたという方もいるほど、副業・兼業としてはバツグンのトレードスタイルです。

リライト
FXの代表的なトレードスタイルとして、スキャルピングという手法があります。

その特徴は、取引時間が超短期であること。エントリーから利益確定までの時間は、早ければ数秒、長くても数分~数十分で完結します。

スキャルピングのメリットは、なんといっても、サクッと短時間でトレードできることです。どれだけ忙しい人でも、数分程度の時間を確保できればトレードできますし、ポジションを保有している時間も短いので、ストレスも最小限に留めることができます。

実際に、このスキャルピングというスタイルを取り入れて、サラリーマンから専業トレーダーに転身できたという方もいるほど。副業・兼業としてはバツグンのトレードスタイルです。

このように、文章のかたまりと区切りを意識してリライトするだけでも、格段に読みやすい文章になりませんか?

文章の内容を変えなくても、改行と句読点だけをサクッと調整するだけの、気軽なリライトテクニックです^^

たとえや比喩表現をふんだんに使う

たとえや比喩表現を文章中に盛り込むだけでも、読まれる文章にググッと近づきます。

ただ事実をザーッと書き連ねているだけの文章では、なかなかイメージを膨らませることができませんよね。そこで、たとえや比喩でイメージを助けてあげることで、読者さんがより体感的に想像できるようになるんです。

「たとえ」を使った例文
このFX手法はとてもカンタン!
たとえば、70歳のおばあちゃんでも、この手法で荒稼ぎした実績があるんです。
だから、FX初心者のあなたでも、すぐにこの手法で稼ぎ始められると思います。
「比喩表現」を使った例分
・まるでゲームのような感覚で稼ぐ
・サクッと1分!朝、歯を磨きながらでも利益を狙える!

などなど、ちょっとしたひと言や一文を入れておくだけで、文章が具体的になります。ぜひ、たとえや比喩表現を意識的に使って、いまある記事を「読まれる文章」に変身させてみてくださいね。

ちょっとしたリライトで「読まれる文章」に進化する!

読まれる文章になった様子

ここまでで、たった1分でできる「読まれる文章」へのリライトテクニックを3つご紹介しました。

  1. 心の声を代弁する
  2. 文章に「かたまり」と「区切り」を作る
  3. たとえや比喩表現をふんだんに使う

この3つを意識するだけでも、すでに手元にある記事が、魅力的な「読まれる文章」に一変するんです!このちょっとした一手間を加えるかどうかで、読まれる可能性が格段に高くなるので、試してみる価値はあると思います。

かなりシンプルなテクニックですが、文章のプロであるコピーライターも取り入れているものなので、ぜひあなたもマスターしてみてくださいね!

それでは、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました^^

-アフィリエイト

ページトップへ