マーケティング・チャンネル

投資顧問会社による投資系アフィリエイト専門情報サイト

アフィリエイトの「成約率」を上げる、たった4つのコツ&テクニック

この記事は5分ほどで読めます。

アフィリエイト

2018/06/12

From: 井手

アフィリエイトにおいて、成約率を上げるための施策は、どんなコツやテクニックよりも最も重要と言えます。1つのアフィリエイトサイトからの報酬額を上げるために、サイト内のトラフィックを増やすための施策(高度なSEO対策やコンテンツの量産)には、かなりの手間と時間がかかってしまう場合もあります。

一方で、成約率はちょっとしたコツやテクニックを使うだけで上げられるケースが多く、早ければ数時間後にはアフィリエイト報酬が激増するなんていうこともあり得るんですね。

今回は、あなたのアフィリエイト報酬額を最大化するための「今すぐできる、成約率を高めるための4つのコツやテクニック」を紹介していきます!

アフィリエイトの成約率を高める4つのコツ

1.成約率の高い教材を選定する方法

あなたのアフィリエイト報酬額を最大化するための大前提として、紹介する教材そのものの成約率が高くなければなりません。

当然ながら、ユーザーにあなたのアフィリエイトリンクを踏んでもらったとしても、リンク先のランディングページやセールスレターそのものが魅力的でなければ、成約には繋がりません。つまりあなたがどれだけコピーライティングスキルやマーケティングの知識を持っているとしても、成約率の高い教材を紹介できていなければ、ビジネスは空回りしてしまいます。

平均的なインフォ(情報)系の教材では、成約率は1%をやや下回るくらいだと言われています。あなたのサイトで紹介する教材を選定する際には、”成約率1%以上”のものを目安にしましょう。

2.成約のハードルが低い案件を選ぶ

アフィリエイトの成果条件(報酬発生の条件)も成約率を上げるための重要なポイントです。ユーザーさんに購入してもらうよりも、無料登録をしてもらうほうが成約までのハードルがグッと下がるので、あなたがアフィリエイト報酬を得られる可能性も高くなります。

無料ページでのアドレス登録1件で1000円以上のアフィリエイト報酬を得られる案件も多いので、効果的に取り入れることをオススメします。実際、無料オファー系アフィリエイトの報酬だけで、生計を立てているアフィリエイターさんもいらっしゃるほど、非常に効率的に利益を積み重ねていくことができる方法です。

※弊社のアフィリエイトセンターでは、シングルオプトイン(無料ページへのアドレス登録)1件につき数千円の報酬を得られるキャンペーンもありますので、ぜひご活用ください!

3.成約に直結するコピーライティングテクニック

ちょっとしたコピーライティングのテクニックやコツを知っておくことで、アフィリエイトサイトの成約率を一瞬で上げることもできます。いま、あなたのサイト上にある広告文や商品紹介ページの文章をちょっと工夫するだけで、明日のアフィリエイト報酬が2倍になっているなんてことも目指せるんです。

ここでターゲットとなるユーザーは、"3つのNOT"の段階でいうと、すでに3つめの壁である"Not Act"まで到達してくれています。あとは、そのユーザーさんに行動(購入)してもらうための、背中をポンっと押してあげるテクニックが有効です。ここでは、すぐに成約に結びつけるための「2つのコピーライティングテクニック」をご紹介します。

コピーライティングテクニックと言うと難しそうに感じるかもしれませんが、実は数分でサクッとできる修正だけでも大きな効果を得られるので、ぜひ試してみてください!

PAD(Pennies-A-Day)効果

PAD効果とは、教材の費用対効果(コストパフォーマンス)の良さをアピールするために有効なテクニックです。このPAD効果を上手く文面上に落とし込むだけで、教材価格の高さで購入を迷っているユーザーさんに、すぐに行動してもらえる可能性が高まります。

それでは、Pennies-A-Dayをどのように扱うのか。それはとても簡単で、「1日たったの◯◯円で手にできますよ!」と伝えるだけです。

例1)1日あたりたったの〇〇円で、超高性能FXツールが使い放題
例2)1回の使用でかかるコストは、◯◯円だけ
例3)毎日飲む缶コーヒー1本と同じ値段で手にできます

特に高額な教材をアフィリエイトする場合には、このPAD効果はとても有効です。教材価格ではなく、費用対効果の良さをアピールすることで、ユーザーさんに「お得感」を持ってもらえるんです。

緊急性と限定性

緊急性と限定性をプッシュするテクニックもかなり効果が高いコピーライティングテクニックです。その名のとおり、”いま”行動してもらうことにフォーカスすることで、成約率を飛躍的に伸ばすことが可能となります。

緊急性での訴求方法
例1)あと◯時間で募集終了です!
例2)◯人が応募した瞬間、受付終了です。

限定性での訴求方法
例1)サポートの関係上、◯人しか受付できません。
例2)◯%引きでのご提供は本日まで!

特にネットユーザーには、興味を持った商品や教材を見ても、すぐに離脱してしまう傾向が見られます。「いつか買おう」と思っているうちに、教材を買うことを忘れてしまう場合が非常に多いんです。ですので、緊急性と限定性で訴求して、すぐに行動(購入)してもらいましょう。

4.アフィリエイトリンク(バナー広告)の位置

コンテンツ内でアフィリエイトリンクを設置する”位置”も、成約率に強く直結していることをご存知でしょうか?アフィリエイトリンクやバナー広告の最適な設置箇所については、多くのアフィリエイターの方々が研究していますし、もちろん弊社でも検証を重ねています。その中でも効果の高い設置箇所を共有していきますね!

ファーストビューにリンクを設置する

アフィリエイトリンクを設置するマストな箇所は、ファーストビューです。コンテンツ内の複数箇所に置かれたリンクを比較した上で、ファーストビューに設置されたリンクが、最もクリック率と成約率が高いと言われています。

ページが表示された画面上で、(下にスクロールせずに)リンクを踏める状態にしておきましょう。そうすることで単純に、ユーザーさんがアフィリエイト教材に接触するタイミングが増え、購入してもらう機会も増えることになります。

記事の最下部にもリンクを設置する

記事の最下部のリンクは、クリック率は低くなるものの、成約率は非常に高くなりやすいです。なぜなら、最下部までじっくりコンテンツを読むユーザーさんは、かなりニーズの高い人だからです。

記事の最下部からリンクを踏んでくれるユーザーは最も熱心な人なので、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)も高くなる傾向にあります。ぜひ、最下部にもリンクを設置するようにしてみてください!

その他のリンク設置箇所

ファーストビューやページ最下部以外の効果的なリンクの設置箇所は、コンテンツ内の中央部とサイドバーです。

コンテンツ中央にリンクを設置するメリットは、「この教材、いいかも」と思いながらリンクを踏んでもらえることです。記事を読み進めていくことで、教材の魅力をある程度知ってくれているユーザーなので、成約率も高くなる傾向にあります。

また、サイドバーに設置するメリットとしては、単純ですが、目立ちやすいということです。ただし、コンテンツ内のファーストビューに設置しているリンクへよりも注目度は劣るので、サイドバーのリンクは取りこぼしを防ぐためという認識で大丈夫かと思います。

少しのコツとテクニックで成約率は上がる

アフィリエイトで成約するイメージ

今回は、アフィリエイト報酬を上げるために、すぐに取り入れられるコツやテクニックについてご紹介しました。もし今回ご紹介した方法をまだ実践していないのであれば、今回の4つのコツとテクニックによって、すぐに効果を実感することができるはずです。

しかも、いちど成約率を向上させておけば、長期的に維持されることが多いので、ぜひこの機会に調整しておいて、高成約率のサイトを構築していただければと思います^^

ただ、今回はあえて触れていませんが、当然ながらSEO対策による検索流入でトラフィックを増加させることも大切な施策です。アフィリエイトにおけるSEO対策についても、弊社の他記事でたくさん紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

『マーケティングチャンネル』のSEO関連記事はこちら→
https://marketing-cross.com/?s=SEO&x=0&y=0

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

-アフィリエイト

ページトップへ