マーケティング・チャンネル

SEOで高評価を受けるファーストビューとは

この記事は5分ほどで読めます。

アフィリエイト

2018/01/05

From: 井手

SEOでファーストビュー??と疑問を感じた方もいるかと思いますが、ファーストビューがSEOでも重要な役割を担っていることはご存知でしょうか?そもそもファーストビューとはサイトにアクセスした時に、スクロールなしで表示される範囲のことを指します。

この箇所はユーザーの「印象」を左右する部分でもあるので、見栄えを整えたり、コンテンツをわかりやすく配置することはもちろん重要ですが、実は検索で上位表示を狙うためには、ユーザーだけでなく、Googleからの評価も考える必要があるんです。

ファーストビューにおけるGoogleの評価は、アフィリエイトサイトやアフィリエイトブログに密接に関わる部分でもあり、あなたのアフィリエイトサイトなどを上位表示させていくためには、必ず意識しておきたいものでもあります。

そこで本日は、SEO対策を意識したファーストビューについて、お伝えしていきます!

SEOにおけるファーストビューの重要性

ファーストビューになぜ、SEO対策を施す必要があるのか。それは2012年にGoogleから発表されたページレイアウトアルゴリズムが関係してくるんです。ちなみに、Googleはこのファーストビューのことを「Above the fold」と表記しています。

このページレイアウトアルゴリズムによって、ファーストビューに無関係なコンテンツが多数配置されていたり、大量に広告が設置されているサイトは評価が下がってしまうんです。そのため、アフィリエイト報酬目当てで大量の広告やバナーを設置してしまうと、検索で上位を狙いにくくなってしまうんですね。

ファーストビューの評価は、ページレイアウトアルゴリズムによって自動で判断されてしまうので、例えばFXノウハウに特化したアフィリエイトブログで「オススメの証券会社一覧」と題して、ファーストビューにたくさん広告バナーを設置していると、どんなに良質な記事を届けていても、十分な評価を得られなくなってしまう可能性があるんです。

ファーストビューに広告設置はNGなのか

ファーストビューに設置した広告が、Googleからの評価に影響するとはいえ、ファーストビューに広告を一つも置いてはいけないのかというと、実はそうではないんです。なぜなら、このページレイアウトアルゴリズムはファーストビューへの広告設置そのものを禁止するものではないからなんです。

広告が過剰に設置されていたり、不必要な広告バナーでメインコンテンツが埋もれてしまっているといったように、ファーストビューのほとんどを広告が占領してしまっているような場合には、評価を下げられてしまう可能性が非常に高くなりますが、メインコンテンツの邪魔にならない範囲で広告を設置する程度であれば、あまり問題にはならないでしょう。

Googleも広告による収益性は理解していますし、広告やアフィリエイトを根絶したいわけではないんです。重要なことは、Googleはユーザーを大切に考えているということ、そして、あなたのアフィリエイトサイトがユーザーに優しいかどうか、ということなんですね。

ファーストビューのSEO対策

あなたのアフィリエイトサイトを上位表示させるために、ファーストビューで実施しておきたいSEO対策はいくつかあります。先ほどまで、ページレイアウトアルゴリズムについて触れてきましたが、ここからは高評価をもらうためのテクニックもご紹介していきます。

コンテンツを適切に配置し離脱を防ぐ

アフィリエイト報酬を狙うあまりに、ファーストビュー内のコンテンツが広告だらけにならないように注意しましょう。広告ばかりが目立つサイトは、Googleからの評価に影響するだけでなく、ユーザーからも良い印象をもらいにくくなり、離脱率の上昇にもつながりかねません。

ユーザーの求める情報がどこにあるのか、一目で分かるように意識することで離脱を防ぎ、あなたのアフィリエイトサイトの信頼度を向上させることにも繋がります^^

広告を設置するのであれば、過剰な広告掲載は避け、メインコンテンツの邪魔にならないよう配置するのが無難でしょう。

モバイルファーストを忘れずに

PCのファーストビューと、スマホのファーストビューは見え方も、見える範囲も違ってきます。デザインによってはPCでは広告の割合は少ないけれど、スマホで見たら広告の割合が増えるということもあるんです。

Googleは昨今、モバイルファーストをかなり意識していることもあり、これからはPCでの表示だけでなく、モバイル上での表示も、評価基準により色濃く反映されていくことが考えられます。そのため、あなたのアフィリエイトサイトがスマホ上ではどう表示されるのか、必ず確認するようにしておきましょう。

先ほどと同様に、スマホ上でもユーザーにわかりやすく、親切にファーストビューを構成してあげることが大切です^^

見出しタグでしっかりアピール

ファーストビューでも、見出しタグはとても大切です。高評価をもらって、上位表示を狙うために、h1タグやh2タグで見出しをつけ、適切なキーワードを盛り込んでいきましょう。ただ、どれも重要だからとh1タグを乱立したりするのはNGです。見出しタグでしっかりとコンテンツの内容を、順序良く区分けるようにしましょう!

見出しタグはSEO対策を行っていくうえで、非常に重要なので、決しておろそかにしないよう注意してくださいね。

ファーストビューはバランスが大切

アフィリエイトをするからには、アフィリエイト報酬をたくさん手にして、高収入を目指していきたいですよね。

ただ、アフィリエイト報酬ばかりに目が行ってしまい、アフィリエイトリンクや広告バナーを大量に張り付けたりすると、ユーザーへの親切心に欠けてしまい、かえってアフィリエイト報酬を稼ぎにくくなってしまう可能性があるんですね。

とはいえ、広告やアフィリエイトリンクの設置をあまりに控えすぎてしまうと、それはそれでアフィリエイト報酬に繋がりにくくなってしまいます。

そうならないためにも、ユーザーのためになるコンテンツと、あなたのアフィリエイト報酬へ繋がるコンテンツの割合がとても重要なんです。

広告がファーストビューの何割を占めると良くないのか、そういったページレイアウトアルゴリズムの厳密な評価基準はGoogleから公表されておりません。しかし、Googleがユーザービリティを重要視していることは明らかなので、ユーザー目線にたって、分かりやすい導線が組まれているページを構成していくことが、高評価をもらうための秘訣とも言えます。

PCとスマホ、できればタブレットなどでも、あなたのアフィリエイトサイトのファーストビューを、ユーザー目線でチェックしてみてください。そして、あなたがユーザーだったら、あなたのアフィリエイトサイトを始めて訪れた時、どう感じるかを考え、どこを改善すれば閲覧しやすくなるか、そういったユーザー視点で改善を重ねてみてくださいね。

それでは、本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
井手

井手

マーケティング事業部
ライティングが大好きな元ボート部男子。 映画、オカルトへの情熱なら誰にも負けません!!

-アフィリエイト

ページトップへ