マーケティング・チャンネル

アフィリエイトにLINE@を活用するメリット

この記事は5分ほどで読めます。

アフィリエイト

2017/12/19

From: 増田

最近、弊社で進めているプロジェクトでは、LINEが大活躍しています。対象とするユーザー層が比較的若いということもあってか、ユーザー全体の友だち登録率は、約60%にも上っている状況で、公開している動画も、スマホから視聴してくれている方が70%ほども占めていましたので、世の中にLINEがどれほど浸透しているかということを、改めて知ることができました。

最近では企業に限らず、サイト・ブログにLINEの登録フォームが設置されている光景も、当たり前のように見ることができますし、アフィリエイトにも利用しない手はありません!そこで今回は、アフィリエイトでLINE@を利用するメリットと有効な利用法についてお話しできればと思います!

タイトルにある「@」って何よ?と感じたあなたは鋭いです!
そう、アフィリエイトで使用するのは通常のLINEではないのです。ここで気になってしまったあなたは、以下の内容を要チェックです!(`・ω・´)

LINEじゃなくてLINE@?

LINE@は、主に友だち登録をしてくれたユーザーに、メッセージを一斉配信するツールで、一般的なLINEとは厳密には別物のサービスです。メッセージを一斉配信したり、自動メッセージの設定ができたりと、LINEにはない便利な機能も備わっています!

しかも配信する側はLINE@を使用しますが、メッセージ自体はLINE上で送ることができるので、友だち登録したユーザーはLINE@をインストールする必要はないのです!このように、購読にあたってユーザーに負担をかけることがないので、思い立ったらすぐに始めることができます。

LINE@のメリット

無料でも利用できる

月に1000通までのメッセージ配信なら、無料で利用できます^^

「メルマガはお金がかかるし、まだちょっと・・・」というアフィリエイト初心者でも気軽に利用できますよ!また、抱えている友だち数がまだ多くない、SNSアフィリエイトを始めたばかりの方には、月1000通でも十分ですし、無料の恩恵を感じやすいでしょう。

到達率がほぼ100%

メルマガの場合は、迷惑メールに振り分けられてしまったり、フィルターをかけられたりと、どんなに到達率が良くても100%にはなりません。

しかし、LINE@は友だち登録しているユーザーに対して(ブロックされている場合を除き)メッセージが届かないということはありません

どんなに良い文章でも、メッセージが届かないと意味がないので、このほぼ100%の到達率というのは、かなりメリットが大きいんです。

開封率が高い

LINEからメッセージの通知が来ると、つい開けてしまいますよね?そのあと、内容を読んでくれるかはユーザー次第ですが、開封率が高いということは、それだけ内容を読んでくれる可能性も高いということですので、レスポンス性の面でとても有利です!^^

今の時代はメールよりもLINEが主流ですし、メールは読まずにスルーされる傾向も強くなっているため、開封率の高いLINE@は最も販促しやすい媒体の1つ言ってもいいかもしれませんね。

LINE@でできること

友達全員にメッセージを一斉送信

あなたを友だち登録しているユーザー全員に向けて、メッセージを一斉送信することができます。ただ、あくまで「全員」なので、メッセージを送りたい人を選別して送るということは「条件の絞り込み」などを行う必要があります。

でも、送信する時間を予約することもできるので、メッセージを作って時間設定しておけば、送信の瞬間まで端末の前でスタンバイしている必要もなく、とても便利という面もあります!

友だちと一対一のトーク

本家のLINEと同じように、一対一の会話をすることもできます。しかも、メッセージと違ってトークは無制限で利用できるので、労力を気にしなければ、特定のユーザーと信頼関係を深めることも可能です。

自動返信メッセージの設定

LINE@を利用していると、時々ユーザーからメッセージが送られてくることがありますが、ひとり一人に対応する余裕がない場合は、自動で応答するメッセージを設定できます。ただし、この場合はユーザーからのメッセージをLINE@で確認することはできないので、ここから一対一のトークに繋げることは難しくなります。

ホーム投稿

本家のLINEと同じように、タイムラインに記事や画像を投稿することもできます。この投稿は友だちユーザーのタイムラインと、LINE@アカウントのホームに表示されます。

そしてホームに投稿した内容が「いいね」をされると、いいねをしたユーザーの友だちに見えるようになり、そこからさらにいいねを押してもらって、あなたのユーザーを増やすこともできます。

注意すること

アフィリエイトリンクの直貼り

LINE@は第三者のための広告媒体としての利用を禁止しているので、アフィリエイトリンクを直接LINE@で発信するのは規約違反になります。規約違反は直ちにアカウント停止に繋がるので、利用を始める前に、規約はしっかり読んでおきましょうね><

Twitterと同様に、自分で書いた記事のURLを貼るのはOKなので、セールスをかけたいときは、自分のブログ記事にアフィリエイトリンクを貼りましょう。くれぐれも、タイムラインの記事には貼らないようにご注意を!

無料プランでは月1000通までしか配信できない

ここで注意したいのは、カウントはユーザー1人につき1通だということです。つまり、あなたと友だち登録してくれたユーザーが1000人に達成したとしたら、事実上、月に1回しか配信できないことになります;

ベーシックプランにすると、友だち5000人まで配信数無制限となりますので、現状の友だち登録数と、ひと月に送っているメッセージ数の兼ね合いをよく見て、プランをアップグレードするか考えましょう。

有効な使い方

メルマガのような使い方をするなら、記事をメッセージにして配信するのは得策ではありません。一般的にLINEはコミュニケーションツールとして利用されていますので、あまりに長いメッセージを送っていると、面倒くさがられてブロックされる可能性が高いです・・・(´・ω・`)
少し長めの記事を配信するのであれば、ホーム投稿を利用しましょう

また、メルマガに比べてユーザーが手軽に受信拒否しやすいという性質上、1日に何通も配信するのは好ましくありません。

ですので、サイト・ブログで最新の記事を更新したときなど、ここぞというときにお知らせのメッセージを配信するのが有効です。開封率はメルマガよりも高いので、お知らせメッセージを見てサイト・ブログに来てくれる可能性も高くなるでしょう。

まとめ

国内におけるLINEユーザーはどんどん増加している一方、メール利用者は減少しているため、LINE@をアフィリエイトに利用しないのはもったいないことです。しかし、SNSを利用しない(できない)人も一定数存在し、ユーザーの年齢が高齢になってくるほど、その傾向が強いといえます。特に、弊社の教材を活用しているユーザー層は、全体的に年齢が高めなので、メールをアフィリエイトに利用する価値も十分に残っているとも言えるんです

ですので、メルマガとLINE@の二刀流の利用がおすすめなんですね(^^)。こうすることで、幅広い年代のユーザーを獲得することができますし、万が一LINE@アカウントで規約違反をしてしまい、アカウントが停止されてしまったときのためのリスクヘッジにもなります。

メール以外にも、近年は様々なコミュニケーションツールが浸透していますので、今後こうした多様性に適応していくことは、アフィリエイトを続けていくために必須となってくるでしょう。LINE@(やTwitter)は、メルマガのようにガッツリ文章を作り込む必要はありませんので、ぜひ気軽に取り組んでみてくださいね^^
最初は無料プランで十分ですし!笑

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
増田

増田

ホラー映画とパクチーが何よりも好き。 FXで稼いでB級映画のDVDで家を埋め尽くすのが夢。

-アフィリエイト

ページトップへ