Google ChromeでYouTube動画が見れない!ストリーミングエラーの原因と対処法~アフィリエイト編~

アフィリエイトGoogle Chrome, Youtube, ストリーミング, ブログ, 動画

YouTube動画が見れない!ストリーミングエラーの原因と対処法~アフィリエイト編~

あなたはアフィリエイトをする上で、あなたのブログやサイトにYoutubeなどの動画を埋め込んでいますか?

じつは、あなたの知らない間に成約率が下がってしまう「魔の手」が、あなたのブログやサイトに迫っているかもしれません。

そして、その魔の手の正体は、「埋め込んだ動画が見られない」という、ストリーミングエラーと呼ぶ症状のことです。

この症状によって、知らず知らずのうちに、読者さんが離脱してしまっている可能性があるんです。

「セルフチェックではそんな現象起きないけどな」と、疑問を抱いている方に、まずお伝えしたいのは、その考えは非常に危険ということです。

なぜなら、この症状はあなた自信で気づくことが非常に困難な現象だからです!

そこで今回の記事では、自分では気づくことが難しい埋め込み動画のストリーミングエラーを、めんどくさい設定変更など一切なしで解決する方法をご紹介します。

ブログの動画が見れない!ストリーミングエラーって?

ストリーミングエラーで困っているイメージ

この記事を書くきっかけとなったのは、マケチャンスタッフが作ったブログ記事でした。

作成後に別のスタッフへ記事の確認を依頼したところ、「埋め込みの動画が見られない」という報告を受けたのですが、記事の作成者のパソコンからはしっかり動画を見ることができました。

一旦、状況を整理するとこのような状態ですよね。

  • ワードプレスの設定は何も問題がない
  • 確認者は埋め込んだ動画が見られない
  • 記事の作成者は埋め込んだ動画が見れる

でも、これって記事の作成者には編集権限があるので、その影響で見られたのかもしれませんよね?

そのため、さらに別のスタッフが動画を確認したところ、なぜか問題なく再生することができました…!

つまり、「埋め込んだ動画のストリーミングエラー」は、作成者側のサイト設定のせいではなく、読者さん側で発生していたんです。

【ストリーミングエラーとは?】
インターネットに接続した状態で、動画や音声を再生することを、ストリーミング再生と言います。そのため、インターネット上にある動画を再生できないことなどをストリーミングエラーといいます。

この問題で起こってしまう最大の損失

ストリーミングエラーで損失を抱えているイメージ

読者さん側でストリーミングエラーが起きては、当然あなたが自力で気づくことは困難です。

そして、この問題を放置していると、「読者さんの離脱」というアフィリエイトをしていく上で、一番避けたい損失が起こってしまいます。

いくらあなたの記事を読んで魅力を感じていたとしても、見たいと思った商品についての動画が見られなければ、判断を下すことができず離脱してしまうでしょうし、そもそも動画が見られなかった時点で読者さんからの印象は悪く気持ちも離れてしまいます。

「埋め込みが見られなくても、右下の ” YouTubeで視聴する ” ボタンを押すでしょ」

と、思ったあなた。その考えは甘いですよ!

日常的にインターネットに触れているけど、臨機応変に対応できない人、または、そこまで行動意欲がわかない人は、あなたが思っているよりも多いんです。

実際にストリーミングエラーが起こったスタッフは、以前からこの現象が起きていたにもかかわらず、他の検索エンジンで見ることができていたため、今回まで特に問題視していませんでした。

このことからも分かるように、パソコンやインターネットに慣れた人間でも、実害を実感できなければ問題を放置してしまうことが多いんです。

仕事であれば、少しのほころびでも積極的に解決しようと思いますが、プライベートな場合だと、「このブログは動画も満足に公開できていないから、別のブログを見よう」と考える方は非常に多くなるでしょう。

こうやって、商品購入に繋がったかもしれないチャンスが失われていってしまうんです。

ストリーミングエラーの原因はなんなのか?

ストリーミングエラーの原因を調べているイメージ

なぜブログに埋め込んだ動画が再生されないのでしょうか?実はその原因は、読者さんのパソコンにたまった「cookie」にあります。

このcookieを簡単に説明すると、「Google Chrome」などのWebブラウザにおいて、ブラウザで表示したデータを一時的に保存するシステムのことで、パスワード入力の省略や、サイト表示のスピードアップに役立つものです。

そして、様々なサイトを訪問するたびにcookieはたまっていき、そのたまったcookieの中に、埋め込み動画の再生に影響を及ぼすデータが入っていることがあるんですね。

メインで使っている「Google Chrome」では動画を再生できなかったのに、他のWebブラウザに変更したら見ることができる理由は、普段から使用している訳ではないので、cookieが蓄積されていないからなんです。

ということから、埋めこみ動画のストリーミングエラーは、読者さんがどの検索エンジンを使っていようと、cookieの蓄積によっては誰にでも起こりかねない問題なんです。

ストリーミングエラーの直し方や対処方法

ストリーミングエラーの対処法のイメージ

もし、あなたのブラウザでストリーミングエラーが発生した際には、蓄積したcookieを消す必要があります。

ここからは「Google Chrome」を例に対象方法を説明します。

ストリーミングエラーの説明1

まず、上記の画像のように、ストリーミングエラーが出たら、サイトURLの横にある鍵マークを押してください。

ストリーミングエラーの説明2

すると、選択画面が出てくるので、cookieを選択します。

ストリーミングエラーの説明3

cookieを選択すると、現在使用中のcookieが一覧で出てきますので、すべて削除してください。

これで、ストリーミングエラーは解消されます。

ストリーミングエラーの説明4

とはいえ、この手順を読者さんのために記事に毎回載せたとしても、ほとんどの読者さんはやってくれないですよね。

あなたも感じたと思いますが、見ただけでめんどくさそうな印象があります。ですが、じつはこの問題をもっと簡単に、誰でもすぐに解決できる方法があるので、今回はそちらもお伝えします^^

ストリーミングエラーを一瞬で解決する方法

ストリーミングエラーを一瞬で解決しているイメージ

ストリーミングエラーを一瞬で解決する方法は、表示したい動画のすぐ下に「動画URLの直リンク」を置くことです。

特に、「動画が見られない場合はコチラ」など、テキストリンクにすれば、より効果的です。

ストリーミングエラーの説明5

テキストリンクにすることで、「ここを押せばいい」という直接的な指示ができるので、これなら仮にエラーが起こっても、離脱する前にすぐリカバリーすることができます^^

たったこれだけのことですが、意外にもアフィリエイターの実力に関係なく、やっていない方のほうが多いんです!

なぜかというと、今回の記事で取り上げたように問題が表面化していない場合がほとんどだからなんですね。

しかし、こういった細かいリカバリーを徹底することで、アフィリエイト報酬の取りこぼしが一件でも減るのであれば、必ずやるべき施策のひとつと言えるでしょう!

ストリーミングエラーの対処方法のまとめ

ストリーミングエラーの対処方法のまとめイメージ

ストリーミングエラーは、どんなタイミングで誰に起こるか分かりません。

Webで検索をする人たちは「問題を解決」したくて、あなたのブログへ訪問しているので、問題が解決されなければ、すぐに離脱してしまいます。。

年齢に関係なく「調べない」「調べても理解できない」「行動意欲がわかない」という人は、数多くいますので、できる限り事前にフォロー対策をしておくことが重要になりますね。

動画を見れないことで、ブログのリピーターだった読者さんも離れていってしまう可能性もありますし、それが続くと今後得られていたであろう利益すら失ってしまいます…!

今回紹介した、テキストリンクの対策は、オーソドックスなことですが、手間もなければ費用も掛からないので、実践する価値は十分にあります^^

ぜひ、今回の記事を参考に、テキストリンクの設置を進めてみてくださいね。