LINE公式アカウントでアフィリエイトするために守るべき2つのポイント

アフィリエイト

LINE公式アカウントでアフィリエイトするために守るべき2つのポイント

日本人の多くが使っているコミュニケーションアプリ「LINE」。

そのLINEをアフィリエイトに活用することもできる「LINE公式アカウント」の魅力と言えば『圧倒的なアクティブユーザー数の多さ』と『ほぼ100%のメッセージ到達率』。

LINE公式アカウントを活用することで、あなたのアフィリエイト成約率は飛躍的にアップするでしょうし、新規ユーザーさんの開拓にも大きく貢献することは間違いありません。

そんなLINE公式アカウントについて今回は、LINE公式アカウントの凍結(通称:BAN)を回避するための対策方法について、投資顧問会社による投資系アフィリエイト専門情報サイト、当マーケティング・チャンネルの見解も交えて解説していきます^^

「LINE公式アカウント」は日本で生活している人のおおよそ3人中2人以上が利用している人気のアプリなだけあって実は取り締まりが厳しく、ルールを逸脱してしまうと開設後、たった数日でアカウントがBANされてしまうなんてケースも報告されているんですね。

冒頭でそんな風に言われると不安を感じてしまうかもしれませんが、今回紹介する2つのポイントを意識し、LINE公式アカウントのルールをしっかり守ってさえいれば、BANされるリスクも軽減されますし、今後のあなたのアフィリエイト活動に役立つ強力な武器になることは間違いありません!

ぜひ今回の記事を最後まで読んでいただき、LINE公式アカウントの正しい利用方法を身に着けていきましょう。

BANされないための対策

BANされないための対策を考えているイメージ

このセクションでは、そんなLINE公式アカウントをBANされないための2つのポイントを紹介していきます。

BANという最悪の事態を避けるためにも、LINE公式アカウントのガイドラインを理解しておくことがとても重要になってくるんです。

とは言っても、そのガイドラインや利用規約で、具体的に使用できないワードや、使用が禁止されている表現が定められているという訳ではありません。

BANの選定もLINE公式アカウントの運営スタッフが、一つひとつ目視でチェックしているという話もあるくらいですので、「これを守っていれば大丈夫!」といったような、明確な線引きは難しいと考えられます。

そのため、LINE公式アカウントを活用するなら、誰が見ても不快にならないような運用方法が求められていると言えるでしょう!

それでは、ここからはガイドラインや利用規約の中でも、特にあなたのアフィリエイトに関連性が高いと考えられるポイント2つに絞って解説していきますね^^

運営の立場になって考えてみよう!

1つ目のポイントとしては、まずはBANされる基準を探る上で、LINE公式アカウントの運営側がどんな風に運用して欲しいのか。その根幹となる考え方から知っていきましょう!

何故なら、BANされないためには、LINE公式アカウントの運営方針に則った利用が大前提になるからですね^^

それでは早速、下記の引用をご覧ください。

「LINE」という媒体は、子どもから大人まで幅広い年齢層のユーザーが日々利用する、コミュニケーションプラットフォームでもあります。

そのため、当社はLINE公式アカウントから配信されるコンテンツについて「情報の受け手(ユーザー)がどう思うか」「ユーザーが必要とする情報を適切な形で提供しているか」「ユーザーが不快に感じることはないか」「すべてのユーザーが安心・安全にLINEを利用できているか」という点を非常に重視しております。

当社では、LINEを通じてお客様とユーザーによりよい「友だち関係」を築いていただくことで、LINE上のユーザー体験をより充実したものとするべく、本ガイドラインを定めております。

※LINE公式アカウントガイドライン:サービスポリシーより抜粋:
https://terms2.line.me/official_account_guideline_jp?lang=ja&country=JP

LINE公式アカウントが公開しているガイドラインを要約すると、『ユーザーが安心、安全に利用でき、不快に思われない運営をしてくださいね』ということになると思います。

これはどういうことかと言うと、例えばあなたが興味を持って登録したLINE公式アカウントから、昼夜を問わず1時間おきにメッセージが送られてきたら、とても迷惑に感じるでしょうし、せっかく登録したにも関わらずそのLINE公式アカウントへの興味は薄れ、ミュートにしたり、嫌になってブロックしたりするのではないでしょうか。

この例のように、「情報の受け手がどう感じるか」、「ユーザーさんが不快に感じることはないか」をしっかり考え、「1日に配信するメッセージは1件まで、配信時間は仕事終わりのユーザーさんが見やすいように19時にしてみよう!」など、

常にあなたのLINE公式アカウントが「ユーザーファーストであるか?」を徹底できるように考え、行動することでBANの心配のない運用ができるでしょう!

LINE公式アカウントをアフィリエイトに活用する場合、報酬が発生するため、どうしても「たくさん売りたい」と思ってしまい、多くのメッセージを送りたくなってしまいがちですが、

「LINE公式アカウントを活用して、ユーザーさんに何を届けたいのか」を考え、ユーザーさんに寄り添って、「有力な情報を提供できているか?」「不快に感じないメッセージを送れているか?」と考えることが大切になってくるんですね^^。

LINE公式アカウントを登録する際にも『友だちになる』と表示されるだけのことはあり、ユーザーさんを不快にさせない『ユーザーファースト』という姿勢は、アフィリエイトをする上でとても重要なキーワードと言えます。

直接のアフィリエイトは控えよう!

続いて、2つ目のポイントです。急に「直接のアフィリエイトは控えよう!」だなんて、びっくりしてしまったかもしれませんね。

こちらの理由については、LINE公式アカウントの利用規約を見てみましょう。

お客様は、LINE公式アカウントの利用に際して、以下に記載することを行なってはなりません。
~(中略)~
(6) 当社の事前の承諾なくLINE公式アカウントを第三者のための広告媒体として使用する行為(第三者の商品、サービスについてLINE公式アカウントを利用して宣伝することを含みますが、これに限りません。)
(7) LINE公式アカウントを利用してみなし属性を利用した広告、メッセージ等(以下、「広告等」といいます。)を配信する場合、広告等に接触した利用者の属性を識別する行為(広告等の配信時に属性毎に個別の遷移先を指定することおよび遷移先を指定するURL中に遷移経路を追跡可能にする特定の情報の付加等をすることが含まれますが、これに限りません。)

~(中略)~
(13) 利用者または第三者が、不快または迷惑と思う内容の配信
~(中略)~
(20) 上記第1項から19項のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為
(21) その他、当社が不適当と判断した行為

※LINE公式アカウント利用規約:第18条より抜粋:
https://terms2.line.me/official_account_terms_jp?lang=ja&country=JP

これらの内容からLINE公式アカウントの運営側は、第三者の商品の販売促進や広告媒体としての利用を行なってはなりません。と、言っていることが分かります。

そのため、あなたが行うアフィリエイトも第三者の商品に該当するはずですから、直接アフィリエイトすることは大変危険だと言えるわけですね。

では、そんなLINE公式アカウントをどうやってアフィリエイトに活かすのか?というと、まずLINE公式アカウントであなたのブログに興味を持ってもらい、そのブログ内から商品ページにアクセスしてもらうことが一番有効だと考えています。

もちろん、配信する内容はこれまでにもお伝えしているように、『ユーザーファースト』であることは欠かせません!

あなたのLINE公式アカウントに登録しているユーザーさんは、ただただ商品を紹介してほしいのではなく、商品の優位性や性能、個人の使用感など、あなたならではの情報を求めていることをお忘れなく^^

ユーザーさんのためになる情報はどんなことだろう?という意識で常にメッセージを投稿すれば、ユーザーさんの満足度もおのずと高いLINE公式アカウントの運用ができそうですよね。

もちろん、これらを意識して取り組めば必ずBANを防げる!と断定できるものではありませんが、ぜひ、ユーザーファーストを意識してみてくださいね。

まとめ

まとめのイメージ

いかがだったでしょうか。

LINE公式アカウントを使ってアフィリエイトをする際に押さえておくべき2つのポイント、

  • 運営の立場になって考えてみること
  • 直接のアフィリエイトは控えてみること

これらを私の考えも交えて解説してきましたが、もちろんこれがルールの全てではありません。この他にもLINE公式アカウントでは著作権や肖像権の遵守など、様々なルールが決められています。

ぜひ一度あなた自身でも利用規約ガイドラインを読み解いて、ユーザーファーストで安全な運用方法を把握しておいてくださいね^^