YouTubeアフィリエイトの知らないと損する3つの機能

アフィリエイト

見落としがち!YouTubeアフィリエイトの知らないと損する3つの機能

以前、YouTubeアフィリエイトの入り口として、「YouTubeの始め方」をご紹介させていただきました。

今回はその第2弾!動画撮影の次といえば、撮影した動画のYouTubeへのアップロードですよね。

「なんだ、アップロードか」とあなどるなかれ。

ちょっと機能を理解しただけで、「成約」「メルマガ登録者」「サイト訪問者」「SNSフォロワー」と、あなたのアフィリエイトに欠かせない大事な要素を一度に増やすことも十分可能なんです!

とういうことで今回は、あなたのアフィリエイトを効率化させる、たった3つの超カンタン機能をご紹介します!

意外と見落としがちだったりしますので、ぜひ、最後までご覧になってくださいね。

意外とハードルの低い動画アップロード

動画をアップロードするイメージ

すでに、動画をYouTubeにアップしたことがある方や、動画制作に苦手意識のある方は、こんな気持ちを抱えていませんか?

「アップロードすると、色んな設定が出てきたりして、何をどうすればいいかわからない」

初めてYouTubeで動画をアップロードしようとすると、色んな設定が出てきて困惑してしまいますよね。

例えば、アップロードをするとすぐに、この画像のように「この動画は子供向けですか?(はい・いいえ)」の選択を早速せまられることになります。

アップロード手順の画像

こんな画面が出てくると、「選択次第でものすごい不利益が発生するのでは?」とか、どちらを選択したら良いのか、真面目に考えすぎてしまう方も多くいらっしゃるかと思います。

今回の場合であれば、アフィリエイトの動画を子供向けに作る必要はありませんから、ここは「いいえ」を選択して問題はありません。

子供向けかどうかの選択さえ終われば、後は「次へ」を押していくだけで、アップロードの作業は終わり。

こんな感じで、YouTubeへの動画アップロード自体は、本当にカンタンです。

動画アップロードに苦手意識のある方でも「子供向けではありません」と「次へを連打」で、あっという間に乗り越えることができるでしょう。

YouTubeには、その他にもたくさんの設定があるのですが、それらを細かく知る必要はありません。その細かな設定は、アフィリエイトには影響がないものが、ほとんどだからです。

しかし、その中でもアフィリエイトに役立つ機能も紛れ込んでいますので、そちらについても解説していきますね^^

アフィリエイトに役立つ3つの機能

役立つ3つの機能のイメージ

動画のアップロード自体が、いかに簡単なことかは、おわかりいただけたかと思います。

そして、ここからは本題となるアフィリエイトに役立つ3つの機能を解説していきたいと思います。

チャンネル登録者への通知機能

まず、最初に紹介するのは「チャンネル登録者への通知機能」です。

これは、文字通りあなたのYouTubeチャンネルを登録している人に、新着動画の公開を通知することができる機能です!

この機能のどんなところがアフィリエイトに役立つのかというと、文字通り「通知」できることによってYouTubeチャンネルの「チャンネル登録者=直接情報を届けられる人」ということになります。

つまり、チャンネル登録者に動画公開の通知を届けることは、メルマガの登録者にメールを送るのと、ほとんど一緒だと考えられます。そう考えるとても重要な機能ですよね^^

この通知設定の仕方は、最初に出てくる「子供向けか否か」の設定画面の少し下にある、「その他のオプション」というところから設定することができるんです。

通知設定の画像1

基本的には、最初からチェックがついていますが、何故か外れている場合もあるので、毎回確認することをおすすめします!

通知設定の画像2

チャンネル登録をした人は、していない人に比べて” 2倍動画を見ている ”と言われているくらい、あなたの動画の内容に興味を持っています。

あなたがせっかく作った動画も、見てもらえなければ意味がありませんよね。あなたの最新動画をいつでもすぐに見てもらえるよう、ぜひ、この通知機能を活用してみてくださいね。

重要だけど見落としがちな概要欄

続いては、動画の概要欄です。

「概要欄?」と感じたあなたも、恐らくYouTube動画の下に、動画の内容について説明が書いてあるものを見たことがあるのではないでしょうか?

例えば猫の動画だったら、猫の名前や年齢などが書いてあったりしますよね^^

実は、あなたの動画に興味を持った方は、意外とこの概要欄の情報をよく読んでいます!これは、あなたのアフィリエイトにも役立てられますよ。

そんな概要欄の入力方法ですが、こちらの画像を見てみてください。アップロードした際に出てくる、最初の画面の「説明」のところに入力すれば反映されます。

概要欄の画像

この概要欄の入力は非常に大事なことで、ここに何も情報を入れていないと、あなたの動画を見た方が、商品を手に入れたいと思っても、何もアクションを起こせないので、動画を見ただけで終わってしまいます。

ですので、ここにあなたのアフィリエイトリンクを入れておくことで、動画に触発された方が、そのままリンク先で購入できる流れを作ることができます^^

そして、もうひとつ大事なことは、アフィリエイトリンクだけではなく、あなたのブログやサイト、SNSの情報も忘れずに入れておいてくださいね。

そうすることで、あなたのブログへの訪問者やSNSのフォロワー数を成約と同時に増やすことも、十分に狙っていけます!

「公開」と「限定公開」を使い分けよう!

実は動画をアップロードする際、「公開」にするか「限定公開」にするかを選ぶことができます。

限定公開の画像

「公開」はYouTube全体への公開を意味しており、検索にヒットしたり、次のおすすめ動画に出てきたりします^^

「限定公開」はその名通り、公開する範囲を限定する設定で、この設定にすると、その動画のURLを知っている人しか見ることができないようになります。

ですので、検索してもあなたの動画はヒットしませんし、次のおすすめ動画の候補にも出てくることもありません。

そのため、一見すると「限定公開」という設定はアフィリエイトに何の役にも立たないように思えてしまうかもしれませんが、この設定を逆手に取ることであなた自身が動画を見せる人を選べる、ということになります!

具体的に説明すると、「限定公開」にすることで、あなたが動画のリンクを教えなければ、その動画は誰も見ることができません。

それを上手く活用し、あなたのブログ記事やSNSの投稿で、「メルマガ登録やSNSのフォローをしてくれた人には、ヒミツの動画をプレゼント!」という風に、限定性を売りに行動に訴えかけることもでき、サイトやSNSとの連動性を上げることもできます^^

動画の更新頻度は要注意!

注意喚起のイメージ

「YouTubeで動画を公開する」と聞くと、YouTuberのように、毎日動画を更新しないといけないんじゃないか…と、思われるかもしれませんが、アフィリエイターさんは再生回数やチャンネル登録者数で報酬を得るわけではないので、そこまで気にする必要はないと思います^^

ただ、チャンネル登録者離れの防止や、再生回数による広告収入も狙っていきたいのであれば、ある程度更新頻度を気にする必要はあります!

もし、週1回の更新を目指すなら、10本程度の動画ストックがあれば、制作期間に余裕を持たせられると思いますが、これが3日に1回や毎日更新!となると、かなりの数のストックが必要になってきますよね。

動画の内容を考え、撮影し、編集して公開する。

この一連の流れを考えるのであれば、30本~50本程度のストックがなければ、新作アフィリエイト動画の制作に、あっという間に公開が追いついてしまいます。

動画制作は慣れてくるまで、思っているよりも時間がかかる作業なので、アフィリエイトと並行して、YouTubeの広告収入を狙っていく方は更新頻度にご注意くださいね。

ただ、すべての動画をとことん凝って撮影や編集する必要があるかというと、決してそうではありません。

例えばチャート画面に簡単なBGMとテロップの解説を加えるだけでも、立派な動画になりますし、要するにユーザーさんの興味を引ける内容になっているかが重要なんですね^^

特に、力を入れる動画、ある程度簡易的でも興味を引ける動画、というように分けていくと、動画のストックを増やしていくことも、苦ではなくなっていくでしょう!

自分なりの撮影や編集の仕方を見つけていくと、むしろ動画をアップしていく楽しさも感じられると思いますし、アフィリエイトもより効率化できると思います。

まとめ

まとめのイメージ

いかがでしたか?通知機能をオンにしておくだけで、メルマガと同様にアフィリエイトの情報を、直接届けられますし、公開設定の使い分けはマーケティングの手法としても、よく使われる効果的なもの。

ただ動画をアップロードするだけではなく、ある程度機能を理解することで、成約のチャンスが一気に広がることが、おわかりいただけたかと思います^^

YouTube自体には、もっとたくさんの機能があるので、知れば知るほど、アフィリエイトの幅も精度もあげられるかもしれません!

ぜひ、今回の記事もYouTubeアフィリエイトの参考にしてみてくださいね。